Google Analyticsの連携で落ちた穴 1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 Movable Type 6ドキュメントGoogle Analytics の連携を見ながら、ダッシュボードの [サイト情報] にウェブサイト / ブログのアクセス統計グラフを表示してみることとした。

  1. マニュアルの手順に沿ってGoogle Cloud Consoleに行き「プロジェクトを作成」する。

20150615214505-5a9e0da86692aa9a584919d64d01e18af66fce79.png

  1. プロジェクトが作成されたら「プロジェクト ダッシュボード」に画面が遷移するので、左メニューの「APIと認証」を開き、「API」をクリックする。

20150615215911-ff24e546a7389fbc37e695c7a004851d74fada0c.png

  1. 「APIライブラリ」が表示されるので、「検索窓」に「Analytics」と入れる。

20150615220609-593690a9a9ef11aae51a78dbd154890dc6df57af.png

  1. 検索結果の中に「Analytics API」が選択肢として表示されるので、クリックして「APIを有効にする」。

20150615221221-8a6b6f91779eaa79bade571ab188e754f220a3c1.png

  1. 「APIが有効」になったら、左メニューの「認証情報」を開き、OAuthの「新しいクライアントIDを作成する」。

20150615221921-6623885d062650e5a1eae700de8dcf88e201dfcb.png

  1. 「同意画面でサービス名を設定する必要がある」と言われるので「同意画面を設定」をクリックする。

20150615222740-c9e2dd7761561725d287794d95f77301aa3d294e.png

  1. 「サービス名」を入力し、「保存」すると「クライアントIDの作成」が表示されるので、「承認済みの JavaScript 生成元」と「承認済みのリダイレクト URI」にMovable TypeのWebサービス設定に表示されている「Authorized URI」を元に貼り付ける。

20150615223719-7309bd4f8321eeb0f8534168782304e8f4dd2284.png

  1. 「クライアントIDの作成」をクリックするとめでたく「ウェブ アプリケーションのクライアント ID」が生成される。

20150615225317-f6a27573e79348f20e2c00458f4f30ad08fc93f4.png

  1. 生成された「クライアント ID」と「クライアント シークレット」をMovable TypeのWebサービス設定にある「Client ID」と「Client secret」に入れてやる。
  2. 「使用するGoogle Analyticsのプロファイル」の「Google Analyticsのプロファイルを選択する」が表示されるのでクリックする。

20150615230157-b87fe70784532578adfffacc5dbf4fd10c5521c0.png

  1. 「承認する」をクリックしてやれば完了するはずだったのだが、「アカウントの取得ができません: 403 Forbidden: User does not have any Google Analytics account.」と怒られてしまった。

20150615231403-2343e7f7c4569179731d8464b9f47308ab40887d.png

  1. つづく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jn4mmo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2356

コメントする

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Trackback People

この記事について

このページは、ANDY K. YAMAKITAが2015年6月15日 23:26に書いた記事です。

次の記事は「Google Analyticsの連携で落ちた穴 2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.2.4